ルイボスティーはカルディで買うべし

最近、ルイボスティーにハマっています。

過去に「珈琲党の党首になりませんか?」と打診を受けたことがあるくらいコーヒーが好きですが(もちろん嘘)、ルイボスティーの存在は認めざるを得ません。

この記事では、ルイボスティー初心者がカルディのルイボスティーをおすすめしたい理由について書いていきます。

(今回はちょっとおふざけテイストで記事を書いていますが、内容は実際に購入して書いたものです)

ルイボスティーの魅力

ルイボスティーの効能などを書いた記事は腐るほどたくさんありますが、結局は自分が好きで飲み続けられるかがポイントではないか、と偉そうなことを言っておきます。

私がルイボスティーにハマった一番の理由は、美味しいから

もちろん、ノンカフェインという点も魅力の一つです。夜まで仕事をしている時には、コーヒーではなくルイボスティーを飲むようにしています。

味が美味しいので、効能とかは二の次ですが「安眠」などの効果もあるようです。(正直、いまいち実感はありません)

最近はカフェでも、ルイボスティーを扱っているお店も増えてきました。私は貰い物のルイボスティーを飲み続けていたら、あっという間になくなってしまったため、自分でも購入してみることに。

カルディって何屋?

いざルイボスティーを買おうと思うと「どこに売ってるのだろう?」という疑問が生じました。

ドラッグストア。ないだろう。

スーパー?もしかしたらあるかもしれない。

ネット。いや、今すぐ欲しいんだ。

いや、もっと確実な方法はないかと考えていた時に、ふと「カルディ」の存在が浮かびました。

絶対、ある。

少し横道に逸れますが、カルディはよくコーヒーを店頭でばらまいて配っていますが、結局何屋なのだと。コーヒーと思いきや紅茶も調味料も酒もあるじゃないか。

そこで公式HPを見てみたところ、以下のようなキャッチコピーが。

コーヒーと輸入食品のワンダーショップ

なるほど。

ワンダーを売っているお店といえば合点がいく。(いや、いかない)コーヒーと輸入食品なんですね、納得です。

かなり横道に逸れましたが、カルディにルイボスティーがあると確信し、お店に向かいました。

カーミエン オーガニックルイボスティー 40TB(100g)

店内を一周し、ルイボスティーゾーンを無事に発見。

きっと種類がたくさんあって「どれを選べばいいのかな?」と悩むだろうなと予想していたら、選択肢は2つだけ。(ネットショップや他のお店には他の種類もあるようです)

一つは何やらフレイバーもの。違う、そうじゃない。普通のがいいんだ

そして、実際に購入したのは「CARMIEN(カーミエン)オーガニック ルイボスティー」。

なんと40袋も入って498円。しかもオーガニック。すごい。

カルディのルイボスティー コスパがいい

評価というと偉そうですが、安いのに味は美味しいです。

ルイボスティー専門家ではないので他との厳密な違いとかはわかりませんが、ちゃんと美味しいです。

そしてそのコスパたるや驚愕です。

一箱498円で40袋なので、1袋あたり12.45円。500mlくらいのお湯を入れて飲みましたが、十分美味しい。

水出しもできるそうで、その場合1L作れるようです。

カルディのルイボスティーの難点

味・価格ともに文句はないのですが、不満があるとすれば包装について。

これは、値段を考えれば目を瞑れるレベルの話ですが、20袋×2袋で包装されています

つまり、一度開けると残り19袋が空気に晒されます。密封容器などがあると便利です。そのまま保管する場合は、ちゃんとクリップなどでとめましょう。

あと、ティーバッグは2パックワンセットになっています。

どれだけ「2」が好きなんだとツッコミたくなりますが、別に対した問題ではありません。

カルディのルイボスティーを制覇したい

というわけで、味・価格ともにおすすめできるカルディのルイボスティーですが、他の種類も制覇したい衝動にかられています。

ルイボスティーの味が好きなのでフレイバー系には抵抗がありますが、今後挑戦して感想を書きます。

追伸、私は近くにカルディがあったためすぐに購入することができましたが「カルディ、近くにない!」という方は、Amazonでも同じもの買えます。価格は200円くらい高いですかね?(最初にカルディで買うべしと言っておきながら恐縮ですが)

関連記事: